「弦楽器とピアノのミニ・コンサート」5月27日(金)

バッハ作曲「主よ、人の望みの喜びよ」でミニ・コンサートはスタートしました。
市民オーケストラでビオラを弾く園長は 楽器「ビオラとバイオリン」を紹介し、
本園の教員M先生は ピアノ曲ショパンの「子犬のワルツ」を華麗に演奏しました。

分数バイオリンを3人の園児たちは交互に持って肩に当てて
弾くしぐさを教えてもらい 緊張した表情で眼差しで弓を持つ手を動かしていました。

後半ははなぐみの皆さんも一緒に
「レッツ イット スモールワールド」 「星に願いを」 を聴きました。
いつもとちょっと違う園長とM先生の演奏する姿に
園児全員の二百幾つの眼差しが注がれて・・・・
本物の体験、今日はクラシック音楽と弦楽器に触れるひとときを過ごしました。
syuri_concert